ドロッセルお嬢様

ふと思いついて部屋の掃除をしてみる。珍しいことではない。

特に散らかっているわけではないが、少しずつ配置を変えてみて新鮮な気分を味わう。

すると、そういえばこんなもの持ってたなと思うものが毎回出てくる。

 

今回目についたものは、二つのフィギュアである。

アニメは観るが、フィギュアを買うことはほとんどない。

そんな私が持っているのだから当時はそれなりにハマっていたのだろう。

一つはタイトルにもある通り、ファイアボールチャーミングのドロッセルお嬢様figma。

Amazonで確認した限り、当時は4000円程度だったものが今では約3倍の値段である。

そしてもう一つが、日常のはかせ。ねんどろいどだ。こちらも当時の約3倍の値段。

フィギュアってそういうものなのだろうか。二つしか持っていないので分からない。

時が経つと値段にしか目が行かないなんて悲しい。

飾っているわけでもなく、ただ未開封のまま仕舞ってあるだけ。

買うだけで満足してしまうタイプなのである。何故買うに至ったのか不思議だ。

 

「好きなアニメは?」と聞かれる。はて、好きなアニメなどあっただろうか。

強いて言うならば、ロミオの青い空だろうか。当時は大好きだった。

しかし同級生にそう答えてもだいたい「何それ」と言われる。悲しい。

何故ハイジを知っているのにロミオを知らない。世界名作劇場だぞ。

なのでほとんどの場合、無難にエヴァと答える。何が無難かは分からないがロミオよりは認知度が高い。

アスカが大好きだ。乗っている車も赤。アスカのせいで赤が好きになった。

ルームミラーにもアスカがプリントされている。安かったから買った。

ステッカーも買ったが、貼る勇気はなかった。田舎ではただの笑いもの。

ここでも周りの目が気になってしまう。何故買ったのかと。

ちなみに、碇シンジくんと誕生日が同じである。6月6日。

厳密には担当声優である緒方恵美さんと同じ誕生日であるのだが。

 

好きなキャラクターはいるが、その作品全体が大好きだとは言えない。

私のような人間が○○が大好きだ!と言ってしまうと、その作品を本当に愛している人に失礼ではないかと。キャラだけ好きだと言うのも失礼かもしれないが……。